FPへのご相談なら-株式会社エフピーライン-仙台市青葉区
TOP » トピックス » コラム » 女性が輝く日本へ

女性が輝く日本へ

安倍内閣が経済再生に向けて展開している「3本の矢」。3本目の矢である「成長戦略」の中には女性が輝く日本をつくるための政策が多数含まれています。

経済協力開発機構(OECD)の分析では、"日本は欧米に比べ労働生産性が低く労働時間が長い"と指摘されています。そんな日本の長時間労働の改善に子育て中の女性が"短期集中"という武器を持ち込みました。女性には、日常生活に密着しており細かい潜在的なニ-ズに気付きやすいという視点と、「一分一秒でも無駄にできない」という強い思いがあります。

また、転職に対する考え方について、「しないことにこしたことはない」との回答が男性で33.8%、女性は27%と、女性の方がやや転職に肯定的であるという調査結果もあるようです。厚生労働省の「雇用動向調査」では実際に男性よりも女性の転職率の方が高いという結果が出ています。女性は環境変化にも柔軟なのかもしれません。

女性管理職比率などの数値目標を掲げるよりも、性別を問わず機会の平等を与えることの方が大切なのかもしれません。日本の女性が輝くことができれば、日本全体がもっともっと元気になると思いませんか。